「高評価」愛犬家必見!感動するおすすめ映画5選!

ランキング
Pezibear / Pixabay

心がほんのり温かくなったり、お腹をかかえて笑ったり、ティッシュが空になるほど号泣したりと、さまざまなストーリーがある犬映画。

たくさんのジャンルがある映画の中でも、犬のストーリーは特に大人気です。

特に私は、感動系の犬のストーリー映画が大好きです。

今回は愛犬家必見のおすすめ感動おすすめ映画ご紹介させて頂きます。

『スポンサーリンク』



僕のワンダフルライフ 2017年/100分/アメリカ

予告動画

あらすじ

飼い主の少年と再び巡り会うため生まれ変わりを繰り返す犬の奮闘を描いた感動作。ゴールデン・レトリバーの子犬ベイリーは、自分の命を救ってくれた少年イーサンと固い絆で結ばれていく。やがて寿命を終えたベイリーは、愛するイーサンにまた会いたい一心で生まれ変わりを繰り返すようになるが、なかなかイーサンに遭遇できない。3度目でようやくイーサンに出会えたベイリーは、自身に与えられたある使命に気づく。

犬と私の10の約束 2008年/117分/日本

予告動画

あらすじ

犬から人への願い事という形で綴られた短編詩“犬の10戒”をモチーフに、犬と少女との10年間に渡る絆を綴った感動作!函館で暮らす少女・あかりは、ある日迷い込んできたゴールデンレトリーバーの子犬に“ソックス”と名付けて飼うことになります。あかりは母から犬を飼うときの“10の約束”を教えてもらい……。

犬に名前をつける日 2015年/107分/日本

予告動画

あらすじ

動物愛護センターから犬や猫を救い出している人々や、東日本大震災で置き去りにされた動物を保護する人々の活動を追った4年間の記録映像に、女優の小林聡美が主人公を演じたドラマパートを加えて描いたドキュメンタリードラマ。愛犬のナツを病気で亡くしたテレビディレクターの久野かなみは、先輩の映画監督の勧めで「犬の命」をテーマにした映画を撮り始める。取材のため動物保護センターや原発事故の避難区域から救い出された犬たちのシェルターを訪れたかなみは、そこで一匹でも多くの動物を救おうと懸命に働く人々の姿に感銘を受け、ある決心をする。

HACHI 2009年/93分/アメリカ

予告動画

あらすじ

日本でも1987年に「ハチ公物語」として映画化された、亡き飼い主を駅前で待ち続けた忠犬として知られる秋田犬ハチの物語を、リチャード・ギア主演、「ギルバート・グレイプ」「サイダーハウス・ルール」のラッセ・ハルストレム監督で映画化されています。迷子の秋田犬を拾い、ハチと名付けて飼い始めた大学教授のパーカー。ハチは毎日夕方5時に駅前でパーカーの帰りを待つようになるが、ある日、パーカーは大学の講義中に倒れ、帰らぬ人にとなります。

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと 2008年/116分/アメリカ

予告動画

あらすじ

子育ての予行演習のつもりで、ラブラドール・レトリーバーの子犬を飼い始めた新婚夫妻のジョンとジェニー。マーリーと名付けたその犬のやんちゃな振る舞いに、さんざん手を焼く2人だったが、いつしか喜怒哀楽を共にするかけがえのない存在になっていく。犬との生活を通して人生を学んでいくカップルの姿を描いたドラマ。

最後に!

以上、犬が大好きな人必見のおすすめ感動映画でした。

是非一度見てみてください。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました