「ジョン・ウィック パラベラム」に続編はある?次回予告やエンドロール後に映像はあるのか?

小ネタ・まとめ
Foundry / Pixabay

私が大好きな、キヌア・リーブス主演の映画『ジョン・ウィック』

ついに「ジョン・ウィック パラベラム」が公開となりました。

ジョン・ウィックが主演ということもあり、

ずいぶん前から注目され、映画館の予告でも良く流れていましたね。

特に予告編の馬に乗ったシーンはとても記憶に残り、早く観たい気持ちが高ぶりました。

本記事では「ジョン・ウィック パラベラム」には続編があるのか、

エンドロール中や最後に次回予告はあったのかなどについて記載していきます。

「ジョン・ウィック パラベラム」予告動画+あらすじ

予告動画

あらすじ

キアヌ・リーブスが伝説の元殺し屋に扮し、銃とカンフーを融合させた

「ガン・フー」や車とカンフーを合わせた「カー・フー」など、

これまでにないアクション要素を盛り込みヒットした「ジョン・ウィック」シリーズの第3弾。

前作で怒りのあまりに、一流殺し屋が集う「コンチネンタルホテル」の掟である

「ホテル内で殺しはおこなってはいけない」を破ってしまったジョン。

聖域から追放された彼を待っていたのは、組織による粛清の包囲網だった。

刺客たちがさまざまな殺しのスキルを駆使し、賞金首となったジョンに襲いかかる。

傷だらけとなったジョンは、かつて「血の契約」を交わしたソフィアに協力を求め、

カサブランカへと飛ぶが……。

監督は前2作から続投のチャド・スタエルスキが担当。

イアン・マクシェーン、ローレンス・フィッシュバーンら前作からのキャストに加え、

オスカー女優のハル・ベリーが謎の女ソフィア役で出演。

「ジョン・ウィック パラベラム」に続編はあるのか

結論からお話しすると「ジョン・ウィック パラベラム」の続編は、

実はもうすでに発表されています。

もう観られた方はお分かりだと思いますが、

本編で、最後ジョンは死んではおらず、

キングの仲間の手によってキングのもとに運ばれていました。

主席連合に7回斬られ、仲間を殺されるという制裁を受けたキングは激怒し、

ジョンに対して「左の薬指も奪われ、お前も腸が煮えくり返るだろう?」と尋ねます。

それに対してのジョンの返事は「もちろんだ。」

という本編の終わり方でした。

 

続編は、シリーズの製作を務めるライオンズゲート社が発表しています。

映画「ジョン・ウィック」シリーズの第4作(タイトルは未定)が

2021年5月21日に米国で公開されることが決定!

まだまだですが、すごく楽しみですね。さすがキヌア・リーブス!

一度はハリウッド撮影現場も観に行きたいです。

また予告編などの詳しい情報など入って来ましたら、

このサイトで情報を公開させて頂きます。

エンドロール中や最後に次回作やおまけの映像は流れたのか?

エンドロールとは?

エンドロールとは、映画に携わった方の名前がずーっと紹介されるものです。

別名、エンドクレジットとも呼ばれています。

実は最近の映画では、エンドロール後に次回作の予告やNG集、

本編とは関係の無いおまけなどが流れたりすることもあります。

私も知らなくて、見逃した時はすごく後悔しました、、、

ただ次の予定が入ってて、急がないといけない時や、終電ギリギリの時もありますよね。

なのでそんなときは、前もって調べておきましょう。

私の場合は、時間がある際はすべてエンドロールを鑑賞し、

映画館が明るくなって、他のお客様が色々な感想や疑問などをお話ししているのを、

聴きながら、余韻に浸って帰ります。笑

「ジョン・ウィック パラベラム」には、次回予告や特別映像はなしでした

本作『ジョン・ウィック パラベラム』にもそういったおまけ映像があるかなぁと期待してみていましたが……

ジョン・ウィック パラベラム」のエンドクレジット後にはこれといった特別映像はなしでした。

そのため、キャストや製作陣の名前に興味がない!という方は

すぐに離席してしまっても問題ありません。

私みたいに、映画の余韻に浸りたい!という方は

ゆったり館内が明るくなるまで待っていてもいいかもしれないですね!

世の中の評価はいかがか?

SHINGOの個人的な感想

ここからは私の個人的な感想です。お付き合いください。ネタバレ含みます。

映画館で予告編を何度か観て、面白そうと思っていました。

アクションが好きな私からすれば、かなり見応えのある映画だったと思います。

常にはらはらどきどきで、全く目を離すことができませんでした。

毎回犬が絡んでくるところも本当に好きで、感動を加えてくれます。

犬になめられすぎているリーブスなかなか面白かった。

これからもどんどん続編が続いていくことを願います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました